タイにある日系企業の工場で働くには

タイにある日系企業の工場で働くために必要なスキルとして、最低限の語学力があげられます。他の日本人ももちろん働いているかも知れませんが、現地で採用されている人々が多くいる中では、コミュニケーションの主体になるのはその土地の言葉です。できることなら就職する前に日常会話レベルの語学力は身につけておいた方が良いでしょう。そしてもちろん仕事に関する経験ということも大切です。現地で採用されるスタッフについては即戦力が求められる傾向にありますので、過去に同じ業種で働いたことがあるという人は比較的有利になってくるでしょう。

現地で採用されるのではなく、日本で採用されてそちらへ赴任するというケースもあります。現地採用と赴任とでは、給与の形態や福利厚生などに違いが出てきます。現地採用の場合は給与の支払いは全てバーツで行われますし、金額も現地の基準になってきます。とはいっても、現地で必要な生活費の目安から考えれば、充分な給与を得られる仕事がほとんどです。また、雇用の形態は正社員や長期契約社員という形が多いので、とても安定して働くことができます。

求人を探すためには、人材紹介会社を利用すると便利です。まだ日本にいるという状態であっても、仕事を紹介してくれるサービスを提供しているところがあります。単に仕事の紹介だけでなく、仕事が決まった後の就労ビザの取得など手続きや、就職先の会社とのやり取りなどもフォローしてくれる体制が整っているところを利用するのが良いでしょう。